学校長よりご挨拶

校長

『歩み続けて半世紀 更なる飛躍』

学校長  荒木 孝洋

会員の皆様におかれましては、益々ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。日頃から本校の教育活動についてご理解・ご協力賜り、物心両面にわたるご支援に心より感謝申し上げます。

振り返りますと、本校は昭和24年4月に電気電波学校として出発し、昭和36年に高校が開校されました。以来、学科改編や中学部開設に伴う校名変更を重ねながら、今年の10月には高等学校開校50周年を迎えます。送り出した卒業生が17,317名、在校生も1,400名を越え、県下一の大きな学校となりました。『濫觴らんしょう大河となる』という例えどおり、はじめはさかずきから溢れ出たようなわずかな水が、木の葉の下をくぐりながら、激動の半世紀を流れ続け滔々と流れる大河となりました。戦後の混乱期、生徒数わずか20数名でスタートした本校ですが、本学を創設された故中山義崇理事長の教育に対する熱い想いと歴史の重さを考えると万感の思いでいっぱいになります。

ところで、昨年来、世界同時恐慌と言われるほどの厳しい経済状況が続いていますが、幸いにも、本校は、開校以来続いておりました就職率100%を今年も維持することができました。厳しい難関を突破し、公務員を含め72名の就職希望生徒全員が就職を内定しております。また、進学面でも年々進学率が上昇し、私立大学では慶応・早稲田・崇城大学薬学部をはじめとする難関私立大学に続々と合格し、高専編入希望者16名も全員が大願を成就しました。一方、国公立大学では、既に発表が終わった推薦入試で、熊本大学医学部医学科に2名、総合科学科からの合格6名を含めて14名が合格しております。また、他の受験生は東京大・大阪大・九州大をはじめとする前後期の国公立大に挑戦し、結果を待っているところです。志を高く持ち最後まで粘り強くチャレンジしていく文徳生を誇りに思います。

さて、ご承知の通り、開校記念事業として一昨年着工しました新校舎がこの4月に完成し、学びの環境が一新しました。また、淵徳会の皆様の御厚意により中庭に全天候型のテニスコート付きの多目的広場が完成し、その一角には、学校の繁栄を祈念して記念碑を建立していただきました。その記念碑には、中山峰男理事長の教育理念である『仁・愛・禮・義』という文字が刻まれています。『仁の心を以て、自他を愛し、礼を修め、義を践む』と言う言葉は、前理事長が制定された生活信条『奉・人・物・礼』と重なります。親子2代の理事長の教育にかける共通な想いは、学園全体が新たなステージに向かって進化する礎になると確信します。

最後になりますが、いよいよ、今年の10月31日(日)に開校50周年記念式典を迎えることになりました。式典を含め野球の招待試合、吹奏楽部の感謝コンサート、講演会などさまざまな記念イベントを企画しております。既に、学校・淵徳会・文徳会が一体となって実行委員会を立ち上げ、企画・準備、寄付金の依頼などを進めております。私ども教職員も、新生文徳の門出を飾るに相応しい盛大な式典・行事を催したいと考えております。しかし、全国各地でご活躍の会員の皆様のご協力がなければそれも叶いません。厳しい世情ですが、浄財のご寄付と式典への出席について宜しくご配意下さいますよう重ねてお願い申し上げます。末筆ながら、皆様のますますのご活躍とご健勝をお祈りしますとともに、淵徳会の益々のご隆盛を祈念申し上げます。

ページの先頭へ

記念事業の概要

新校舎 H21年3月完成
[新校舎 H21年3月完成]
多目的ひろば
[多目的ひろば]
※施工時の写真です。

(1)記念式典日時:平成22年10月31日(日)
場所:崇城大学体育館

(2)記念行事体育大会 文化祭など

(3)校舎新築にかかる付帯工事及び多目的ひろばの整備

(4)記念誌発刊

(5)その他の教育環境整備

募金(寄付)目標金額(3,000万円以上)

(1)寄付金は1口5,000円でお願いします。(何口でも可です)

(2)同封の郵便振り込み用紙をご利用ください。領収書は振込み用紙控えにて代えさせていただきます。

(3)法人、個人を問わず、大口ご寄付については税制上の優遇措置がありますので、学校にご相談下さい。
 (高校事務室 電話番号:096-354-6416)

(4)募金(寄付)受付期間 平成21年8月〜平成22年10月

ページの先頭へ

協賛広告募集

文徳高校ホームページ

淵徳会ブログ

個人ページ掲載募集

同窓会では、卒業生のホームページやブログ、企業のホームページリンク、同窓生からのメッセージを募集しています。

ご希望の方は「お問い合わせ」からお入りください。

ダウンロードサイト

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、上のGet Adobe Readerのアイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてください。

RSS