ご挨拶

  会長  

初夏の候、会員の皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

私こと、緒方前会長の勇退に伴い2月に開かれました臨時理事会において選任され、この4月1日付けをもちまして文徳高等学校同窓会「淵徳会」会長の職に就任いたしました。

緒方前会長におかれましては、淵徳会創立50周年・学校創立50周年・そして淵徳会創立60周年・記念行事等、11年間に亘り会員皆様との親睦を図り学校の発展にたいへんご尽力を頂きありがとうございました。

母校は、昭和24年に九品寺の地に「君が淵電波塾」として開校し、後に、池田の地に君が淵電波工業高等学校として現在の地に移り、校名変更・中学校新設・校舎の改築など日々改革が行われ今日に至っています。以来2万有余名が卒業し、今ではそれぞれの分野で活躍されています。

平成26年3月には待望の体育館が竣工して、今年3月には理工科実習棟が完成致しました。同窓会もこれを記念として体育館アリーナー音響設備1式と演台、理工科実習棟には3Dプリンター2台を贈呈致しました。

現在学校では体育館・理工科実習棟の完成に伴い校内整備事業として本館・中央館・南館の解体作業が行われています。卒業生としては思い出の校舎が無くなることはたいへん名残惜しい限りです。この秋には駐輪場・憩いの広場として整備が完了いたします。会員の皆様方も、名実ともに大きく飛躍した学園に是非足をお運び下さい。

さて私、もとより微力ではありますが副会長4名・常任理事8名そして理事の皆様方と全力を尽くして、これまで諸先輩方が築いてこられた淵徳会を発展させて参ります。今後とも会員皆様のご指導とご支援を賜りますようお願いを申し上げましてご挨拶とさせて頂きます。

淵徳会会長 笹田 輝幸

ページの先頭へ

淵徳会のあゆみ

「沿革」動画を見る

年間行事
淵徳会入会式 毎年4月
年次総会 毎年6月
藤崎八幡宮大祭飾馬奉納 毎年9月(敬老の日)
(平成23年度より中止)
スポーツ大会 毎年10月〜11月
異業種交流会 毎年1月
タイムカプセル収納式 毎年2月
昭和29年   君が淵電波専門学校第1回「君が淵同窓会」開催、初代会長に宮本昭和氏選任。
昭和31年   第2回「君が淵同窓会」開催、規約承認。
昭和40年   「君が淵同窓会」京浜支部総会開催。
昭和59年 4月 「君が淵同窓会」を「九品寺会」と改称。
  9月 宮本昭和会長勇退、第2代会長に高光節雄氏選任。
昭和60年 9月 君が淵電波専門学校・君が淵電波工業高等学校・君が淵工業高等学校・熊本工業大学高等学校・熊本工大高等学校の卒業生をもって同窓会設立総会を開催、会称を「淵徳会」とする規約承認、初代会長に竹村進英氏選任。
昭和61年 2月 卒業生の入会式開催。
  8月 年次総会開催。
  12月 「淵徳会」会章図柄決定。
平成元年 8月 「淵徳会」会員名簿初版出版。
平成2年 7月 親睦ソフトボール大会開催。
  8月 年次総会(「九品寺会」設立35周年・「淵徳会」設立5周年記念大会)開催。
平成3年 5月 年次総会開催(「九品寺会」と「淵徳会」が合併、会称を「淵徳会」とする)。
  9月 藤崎八幡宮秋季例大祭飾馬初奉納
平成4年 1月 大相撲「肥後の海」関(昭和63年卒)に化粧まわし贈呈。
  12月 大相撲「濱の嶋」関(昭和63年卒)に化粧まわし贈呈。
平成6年 5月 年次総会開催。竹村進英会長勇退、第2代会長に高群寿夫氏選任。
平成7年 3月 「淵徳会」事務所開所式。
平成8年 4月 「熊本工大高等学校」を「文徳高等学校」改称。
平成9年 3月 英国ハロウ校ラグビーチームとの親善試合にあたり応援と歓迎レセプション。
  8月 野球部「第79回全国高等学校野球選手権大会」出場、募金活動と応援。
平成10年 11月 「淵徳会」会員名簿第2版出版。
平成11年 9月 藤崎八幡宮秋季例大祭に飾馬奉納。(君が淵学園創立50周年記念奉納)
  11月 熊本工業大学同窓会と君が淵学園創立50周年記念合同大同窓会開催。
平成12年 6月 藤崎八幡宮秋季例大祭に飾馬奉納10周年祝賀会開催。
高校創立40周年記念式典。
  7月 大相撲「濱錦」関(平成7年卒)に化粧まわし贈呈。
  2月 高校創立40周年記念の記念碑寄贈、卒業生のタイムカプセル収納式と入会式開催。
  5月 年次総会開催、高群寿夫会長勇退、第3代会長に村上武幸氏選任。
平成15年 5月 年次総会開催、村上武幸会長勇退、第4代会長に緒方勝治氏選任。
大相撲「普天王」関(平成11年卒)に化粧まわし贈呈。
  12月 故中山義崇理事長のお別れ会。
平成16年 3月 「淵徳会」創立50周年記念植樹。(桜の木)
  8月 「淵徳会」創立50周年記念 大同窓会開催。
平成17年 3月 「淵徳会」創立50周年記念誌「さらなる飛翔」発行、学園の歩み「DVD」製作
  9月 大相撲「白石」関(平成12年卒)に化粧まわし贈呈。
平成18年 1月 藤本貴大君(平成15年卒)「冬季オリンピックトリノ大会」壮行会
平成19年 7月 異業種交流会発会
  10月 硬式野球部「九州大会」応援
平成20年 1月 寺本将司君(平成6年卒)「剣道日本一」祝賀会
平成21年 7月 高校50周年記念事業、多目的広場整備と記念碑寄贈
平成22年 6月 開校50周年記念大同窓会。総会。
平成23年 2月 淵徳会女性部会発会。
平成24年 8月 軟式野球部全国大会出場応援。
平成25年 3月 女子ソフトボール部全国大会出場応援。
平成26年 3月 文徳高等学校大体育館完成。
平成27年 3月 文徳高等学校理工科実習棟完成。

ページの先頭へ

淵徳会組織図

役職紹介

会長

会を代表し対外会議や公式行事に参加する。
会議の招集を行い、会の運営をつかさどる。

副会長

会長を補佐し、それぞれ職務を分担し会の運営をつかさどる。

常任理事

それぞれ職務を分担し会の運営にあたる。

支部長

支部長は、支部を代表し支部の運営を行うものとする。
本部と支部の連絡係を勤め、本部理事としてその任にあたる。

理事

執行部会で、推薦した者。
支部長は理事となる。
総会の議事、理事会の議事に基づいて、それぞれ会務を執行する。

幹事

各学年やクラブ、職域での行事を企画運営し、同窓会との連絡調整を行う。
1)卒業時に各クラスより推薦され執行部で承認した者。
2)各卒業年度の幹事より選任し、学年幹事とする。
3)クラブや職域で推薦し執行部で承認した者。

会計

会の経理を担当し、会費等の管理を行う。

執行部

会長・副会長・常務理事・会計・事務局をもって構成する。

名誉顧問・顧問

会長の依頼により会への助言を行う。

名誉会長

会長の依頼により会への助言を行う。

相談役

会長・副会長及び執行部の経験者で構成する。
執行部会・理事会へ出席し、会長の依頼により会運営の助言を行う。

監査

会計及び業務の監査を行い、監査を年1回以上行う。

事務局

学校との連絡、通信事務の受付送付、役員への通知。

各委員会の役割

総務委員会

会議の連絡・司会・議事録作成、連絡通信事務、学校・外部との連絡・協議、
入出金・会計報告

企画委員会

スポーツ大会の企画運営、校内美化・タイムカプセル、祭事 藤崎宮秋季例大祭、
記念事業学校行事

組織委員会

異業種交流、支部支援、クラスOB会支援、クラブOB会支援

広報委員会

同窓会新聞の発行、インターネットの情報提供、同窓会情報の収集及び提供

ページの先頭へ

淵徳会規約

第 1   総       則

第1条 本会は、会員相互の親睦を図り母校の発展に寄与することを目的とする。
第2条 本会は、淵徳会と称する。
第3条 本会の事務局は、文徳学園文徳高等学校内におき、必要な地区に支部を設けることができる。

第 2   事       業

第4条 本会は、第1条の主旨を達成するため、次の事業を行う。

  1. 会員の連絡ならびに互助に関すること。
  2. 学園との連絡に関すること。
  3. その他必要と認める事業。

前項の実施に関する細則は、役員会の決議によりこれを定める。

第 3   会       員

第5条 本会は、次の会員をもって組織する。

  1. 正会員
    • 君が淵電波塾卒業生
    • 君が淵電波学院卒業生
    • 君が淵電波専門卒業生
    • 君が淵電波工業高等学校卒業生
    • 君が淵工業高等学校卒業生
    • 熊本工業大学高等学校卒業生
    • 熊本工大高等学校卒業生
    • 文徳高等学校卒業生

    上記の学校に在籍したもので、役員会の承認を得た者。

  2. 準会員
    • 文徳高等学校在校生
  3. 特別会員
    • 文徳高等学校教職員および職員

第 4   役       員

第6条 本会に、次の役員をおく。
執行部(会長・副会長・常務理事・監査・会計・事務局)・理事・幹事
上記役員の他、学級幹事をおき会長が必要と認めた場合、会合を開くことが出来る。

第7条 前条の役員は、正会員の中から選出し任期は2年とする。但し、再任を妨げない。

第8条 役員に欠員を生じた場合は、役員会において選任し、補充するものとする。
その場合の任期は、前任者の残任期間とする。

第9条 本会に、名誉会長をおくことが出来る。名誉会長は、総会において会員相互の推薦により 就任する者とする。

第10条 役員会の推薦により、名誉顧問・顧問・相談役をおくことができる。

第11条 会長が必要と認めた場合に、役員会を召集することが出来る。
議事の運営は、会長が行う者とする。なお、役員会の議事は出席者の過半数をもって決する。
役員会に出席できないときは、他の役員に書面をもって委任すことができる。

第 5   総       会

第12条 年次総会は、毎年1回とし期日は役員会において定める。

第13条 前条総会の他、役員会において必要と認めたときは、臨時総会を開催することができる。

第14条 総会の議長は、会長がこれに当たり、議事は、出席者の過半数をもって決する。

第 6   会       計

第15条 )棆颪猟名鏃佝颪蓮入会金・年会費・寄付金・利子・その他をもって充当する。
      ∨棆颪硫馮颪蓮入会金10、000円と年会費2,000円とする。

第17条 会計に関する細則は、別に役員会において定める。

第18条 この規約の改正は、改正案を総会に提出しその賛成を得なければならない。

付      則

この規約は、昭和60年9月22日より効力を発する。
本規約は下記の通り改正されている。

昭和61年8月24日  平成1年10月29日  平成3年5月3日  平成7年4月23日
平成8年5月11日   平成9年5月11日 平成11年5月23日 平成12年5月21日
平成14年5月19日

本規約は平成15年5月25日より一部改正施行する。 本規約は平成16年5月23日より一部改正施行する。

ページの先頭へ

協賛広告募集

文徳高校ホームページ

淵徳会ブログ

個人ページ掲載募集

同窓会では、卒業生のホームページやブログ、企業のホームページリンク、同窓生からのメッセージを募集しています。

ご希望の方は「お問い合わせ」からお入りください。

ダウンロードサイト

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、上のGet Adobe Readerのアイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてください。

Windows Media Player

動画をご覧になるには、ウィンドウズメディアプレーヤーが必要となります。
お持ちでない方は、上のWindows Media Playerのアイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてください。

RSS